校訓「実学に勤め徳を養う」
将来の夢や目標にあわせて選べる7つのコース

運動部・サッカー

主な実績

【部活動】サッカーの最新記事(5件)

For The Team~女子サッカー部大会結果報告~

DSC_0784

2018年9月11日に平成30年度埼玉県高等学校女子サッカー選手権大会に出場しました。

9月11日(火)に行われた平成30年度埼玉県高等学校女子サッカー選手権大会で優勝候補の南稜高校とベスト8をかけて戦いました。大会前に2名ケガ人が出てしまい、9人で挑む苦しい状況の中、選手1人1人がチームのために献身的に走り、気持ちの入ったプレーを魅せてくれました。 また、この試合で引退となってしまった3年生の姿はピッチの中でも外でも非常に素晴らしく、3年間の成長を感じさせてくれました。1・2年生はこの3年生たちの姿と思いを胸に、新チームとなった今、今回果たせなかったベスト8の壁を越えるため、練習に励んでいます。今後とも女子サッカー部の応援をよろしくお願いいたします。

しっかり守る~女子サッカー部大会結果報告~

3

7月29日に第13回浦和カップ高校女子サッカー大会が県立浦和西高校で行われました。

7月29日に第13回浦和カップ高校女子サッカー大会が県立浦和西高校で行われました。さいたま市立浦和高校との初戦を1対0で勝利し、次戦では浦和西高校と0対0で終えるもPK戦の末、惜しくも敗れてしまいましたが準優勝となりました。今季より「しっかり守ること」を徹底していき、今回、0点で抑えられたのは自分たちのサッカーが形になっていることを示しています。次回の大会に向けて、準備を怠らずにしていきたいと思います。

わたし達は戦える~女子サッカー部大会結果報告~

2

2018年2月7日に女子サッカー部が新人大会決勝トーナメントに出場しました。

1月20日から2月17日にかけて平成29年度埼玉県女子サッカー新人大会が開催されました。「個々の技術力を上げること」を目標に日頃の練習に励んだ結果、各試合で6人の選手がそれぞれ得点を上げる活躍を見せ、予選リーグを第2位で通過しました。2月7日、熊谷市スポーツ・文化村「くまぴあ」での決勝トーナメントは強豪南陵高校と対戦し、惜しくも敗れたものの、ベスト16で大会を終えました。試合終了のホイッスルが鳴り、肩を落として、ピッチを後にした彼女たちですが、このチームには高校になってからサッカーを始めた選手もいます。自分たちでも戦えることが実感できた今回の結果は自信につながり、練習でボールを追う姿に新たな決意が見られました。

先輩の背中を追って~女子サッカー部大会結果~

4

2017年11月26日に女子サッカー部が浦和カップに出場しました。

11月26日に浦和西高校で浦和カップが開催されました。浦和第一女子高校との試合に臨み、2年生の齋藤萌伽選手、瀬戸のどか選手らの活躍により、4対0で第3位の結果を残しました。今大会は夏に行われる予定でしたが、雨天に見舞われ、試合が順延続きで、この時期での開催となりました。そのため、すでに引退した3年生も全員出場することができ、後半23分には円城寺恭子選手が豪快なシュートを決めました。試合を終えた3年生の表情には来し方に思いを巡らした達成感が溢れていました。久しぶりにグランドに立った3年生の姿を見た1・2年生にも熱い気持ちが伝わり、さらに結束を高めていこうと決意を新たにした、そんな今大会でした。

念願のベスト8~女子サッカー部大会結果~

1

2017年9月20日に埼玉県高等学校女子サッカー選手権大会決勝リーグが行われました。

9月20日に熊谷市スポーツ・文化村「くまぴあ」で行われた埼玉県高等学校女子サッカー選手権大会決勝リーグにおいて、女子サッカー部はベスト8の結果を残しました。予選リーグを2位で通過し、決勝トーナメントに進んだ入間向陽高校との試合。惜しくも1点差で敗れはしたものの、結果に恥じない試合を見せたいと最後のホイッスルが鳴るまでピッチを駆け回りました。創部10年で念願のチーム目標を達成。これまで何度も挑み、唇を噛んできた先輩たちの思いを形にしてくれました。この10年間で最も長い戦いをした夏は彼女たちにとっても、そして女子サッカー部にとっても大きな成長となったでしょう。