校訓「実学に勤め徳を養う」
将来の夢や目標にあわせて選べる7つのコース

理事長メッセージ

DSC_0013

学校法人 九里学園 理事長
久田 有

浦和実業学園高等学校は、1946年(昭和21年)、九里總一郎先生によって創設された私塾をその起源とします。本校は、先生の掲げた「実学に勤め徳を養う」を建学の精神として教育にあたり、今日に至っています。

「実学」教育とは、単なる知識の習得に留まることなく、実社会で真に役立つ学問を身につけるための教育を意味します。しかし、人間の価値は、実学を修めただけでは不十分です。併せて人としての優しさや礼儀作法等を身につけていなければその価値は十分とはいえません。そこで本校では、「実学教育」と「徳育教育」の両面を同じように重要視して、バランスのとれた人間教育に力を注いでいます。

国際教育にも積極的に取り組んでいます。単なる物見遊山的な修学旅行をいち早く廃止し、教育旅行として2週間のハワイ短期留学を実施して真の国際人の育成を図っています。

実り多い青春時代の貴重な時期を浦和実業学園高学校で過ごすことは、必ずや一生の財産となることでしょう。