校訓「実学に勤め徳を養う」
将来の夢や目標にあわせて選べる7つのコース

貴重な経験を得た関東大会!~競技かるた部活動報告

  • 2020年11月23日(月)

IMG_1130

11月15日(日)埼玉県立武道館にて、「令和2年度関東地区高等学校かるた団体戦(第27回関東地区高等学校小倉百人一首かるた大会代替イベント)」が開催され、浦畑藍さん(2年)が埼玉県Bチーム主将として出場しました。本大会では東京、埼玉、群馬、茨城の4都県8チームが出場。浦畑さんは10月の新人大会でベスト16の成績を収め、また昨年度の関東大会にも出場経験があることから、埼玉県Bチームの主将として抜擢されました。関東大会の代表選手は様々な学校から選出されるため、合同で練習する機会は大会前の1度しかありません。とりわけ今年度は新型コロナウィルスの影響により、チーム同士の声がけが禁止になるなど制約も厳しく、普段以上に団体戦の難しさを感じた大会となりました。当日は茨城県Aチームに1―4、群馬県Bチームに2-3とそれぞれ敗北しましたが、茨城県Bチームには4-1と勝利し、7位という結果となりました。結果は残念でしたが、埼玉県代表として戦うという緊張感を経験できたことは大きな収穫となりました。1月後半には、第45回全国高等学校総合文化祭の県予選が行われます。この大会で得た貴重な経験を他のチームメイトとも共有しつつ、本校かるた部の一人でも多くの選手が上位進出を果たせるよう、さらなる努力を重ねてまいります。

貴重な経験を得た関東大会!~競技かるた部活動報告・フォトギャラリー