年々、よりレベルの高い難関の国公立大学や
私立大学への合格者を輩出。

合格された方へ

  • 2020年01月13日(月)

1.合格証書のお渡しに関しての変更点

本校の入試で合格された方に、合格証書についての募集要項の内容に変更がありましたことをお知らせします。

募集要項には「本校窓口でお渡しする」旨の記載がありますが、お越しいただく手間を省くため、「ご自宅で印刷」していただくことになりました。合格発表の画面の下方に「入学手続」と「通知書」の2つのボタンがありますのでこの「通知書」をクリックしていただき、開いたpdfファイルをご自宅で印刷してください。(なおコンビニでも印刷可能ですが、アプリを入れる必要があるようです。受験票の印刷と同じ手順になります。「コンビニ印刷ガイド」をご覧ください。)

これに伴い、本校窓口でのお渡しは致しませんのでご了承ください。

 

2.発表ページについて

発表ページでは、特待ではない一般合格の場合は「合格おめでとうございます」、特待合格の場合はその後「学業特待生A(B)に選抜されました」が表示されます。その後に、第3回入試の合格者以外には科目別の本人の得点が表示されます。「入学金決済サイト」のボタンは入学手続きをされる際にクリックしてください。特に、特待A合格の方が入学の意思がないのに誤って入学手続きをクリックしますと、後日、入学辞退書等の手続きが必要になる場合がありますので十分ご注意ください。

 

3.入学金決済サイトをクリックする前に

複数回合格した方が入学手続きをする際には必ず、上位の特待合格の試験回の「入学金決済サイト」をクリックしてください。初めに一般合格などで入学金決済をクリックしますと、その後の試験で上位の特待合格をしても、システム上、初めにクリックした金額で手続きするように指示されることになります。(例:第1回午前で一般合格、第1回午後で特待B、第2回午前で特待Aの場合、いったん第1回午前の発表ページから入学手続きをしますと、382500円の支払いが確定し、その後、特待Aで手続きをし直しても、この金額を支払わなければ先に進めなくなります。同様に、1回午後の発表ページから入学手続きをしますと、152500円の支払いが確定します。この例の場合は、特待Aの第2回午前の合格発表画面から手続きをして下さい。)

 

4.受験生が「浦和実業学園高等学校」の卒業生のお子様の場合・受験生の兄姉が「浦和実業学園高等学校」に在籍または卒業している場合

3月21日実施の入学予定者説明会の会場で申請書を配付します。その当日に申請があった場合、収めていただいた入学金23万円のうち13万円を5月頃学費引き落とし口座に返還します。(特待A・Bの方は入学金が0円ですので該当しません。)あらかじめ、ご卒業年と最終学年の担任氏名、また在籍の場合は、学年・組と担任氏名をご確認の上お越しください。

 

合格された方へ・フォトギャラリー