年々、よりレベルの高い難関の国公立大学や
私立大学への合格者を輩出。

生物部活動報告:日本語ポスター部門第3位入賞

  • 2013年04月06日(土)

2013science01

つくばScience Edgeサイエンスアイデアコンテスト
日本語ポスター部門第3位入賞

 

「つくばScience Edgeサイエンスアイデアコンテスト」は、「未来の科学者」の芽を発掘し、育てる、新たな試みとして毎年開催される催しです。

 

会場は、世界中の科学者による学会も開催されるつくば国際会議場です。本校生物部は昨年度、中高レベルで世界初となるサツマハオリムシの飼育に関するレポートで参加しました。

 

今年度は、3作品の出展を試み、その中で「実験室における水産時術の確立」が全国62作品中の第3位入賞を果たしました。会場では、科学に関するアイデアをノーベル物理学賞受賞の江崎玲於奈博士をはじめ世界的レベルの研究者・科学者の前でプレゼンテーションし、その方々とディスカッションしました。

 

来年度は、発生学をテーマとした研究に取り組み、英語ポスター発表部門での上位入賞を狙います。

生物部活動報告:日本語ポスター部門第3位入賞・フォトギャラリー